2017年01月09日

メグ・ライアン……

私は、一番好きな女優がメグ・ライアンだった時期がある。多分、彼女の主演作品は全部観ているはず。
さて、最近の彼女を見たら……あれ、メグ・ライアンが??え?……
やっぱり、キャシー・ベイツが一番だな。上手に年を取るのは難しい。どこかで理想だった自分を切る必要がある。富士真奈美さんだったり、落合恵子さんだったり。久しぶりに竹下景子さんを見たら、自分との記憶とのギャップに驚いた。清水ミチコさんは、なんと言うか、まああれは凄い。
誰とは言わんが40くらいまで自然だったのに急に変になる人がいる。本当に勿体ない。

その点、メリル・ストリープは凄いよなあ……
幼少期に観た映画というのは、記憶以上に面白かったと思い込んでいる。キャシー・ベイツのミザリーは、とにかく怖い。おそらく、彼女をキャスティングしていなかったらミザリーは他のキング作品と同じ扱いを受けたのではないだろうか?もう、幼心にこのオバチャンが世界一怖いと思った。
メリル・ストリープは、クレイマー・クレイマー。正確にはダスティン・ホフマンのフレンチトーストが食べたくなる。プラダを着た悪魔とは別人みたいだが、上手に年を取るというのは、こういうことなんだろう。

メグ・ライアンがナチュラルに老けてコミカルな演技をしていれば需要はあるだろうに。勿体ない……
悲しいなあ。
posted by 蔵馬 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

将棋…信じられない

今日から王将戦で、理解しがたい発表がされた。王将戦を行うこと自体が、愚かだとおもうが、それ以上の呆れを覚える。
今回の対応で連盟が変だとよくよく分かったが、それでも公式にアナウンスしている不正防止と三浦の名誉回復は、最低限見せてくれると思った矢先である。
【今回の王将戦は両者の意向で金属探知しません】…とのこと。
これを悪意ある捉え方をすれば、カンニング棋士一人だけが問題だから他の棋士には必要無いと。
連盟として方向づけをするなら、今回の対局も当然金属探知をするべきだ。確かに、神経質になる(元々が神経質な二人。ちなみに久保が今回の疑惑騒動の発端者。)タイトル戦で、余計なことをして欲しくないのは分かるが、そこは今後の為、三浦名誉回復の為、きっちりと金属探知すべきだ。そこを対局者の意向でやらないで済む程度の問題なら、何故竜王戦があんなことになる?整合性がなんら無い。筋としてやるべきで、久保はもう私の中ではもう死んだ人だが、郷田王将には失望した。

で、もしまた、どちらかが離席した時に、不正をしていると騒ぎだしたらどうするのか?不正をしていないと、どう証明するのか?
今回の対局者が不正をやるやらないでは無く、余計な不満や不安を与えない為にも、きっちりすっきりして欲しかった。(一番は偽証告発をした久保を謹慎にしてタイトル戦延期か、一年間王将戦は延期。騒動の加害者達が関わるタイトル戦を処分が決まるまで延期。タイトル・挑戦権剥奪、除名か出来れば除歴。正直、渡辺は永世位剥奪でも甘いと思っている)
連盟は何もしない。自浄能力も無い。

竜王戦で三浦を脅迫したことの反論すら無い。動かない。名誉回復と真逆に走る。
こんな馬鹿げた組織は潰れた方が良い。あんまりにあんまりだ。
posted by 蔵馬 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

将棋……多少の毒吐き

明日から王将戦が【普通】に行われるとか……
もう異常である。告発自体は何かに対して必要である。真実の善意になる告発は何者にも邪魔されてはならない。
真実と善意。この大前提が崩壊しているならば、告発では無く、脅迫と貶め、嵌めである。
仮に箝口令がしかれていようと、今の状況に加担した側がお咎めなく、説明も釈明もなく、平然とタイトル戦に出る。こんな馬鹿げた話しは無い。
三浦の名誉回復をすると言って何もしない。ウソつきどもは必死に守る。馬鹿だよ。ちぐはぐ。
連盟は今すぐに、延期を発表し、久保・渡辺・千田に処分を下し、公益法人返還するべきだ。
棋王戦も【普通】に行ってしまうことはないと信じたい。一人の人間を社会的に貶めて平然と出来るものを人間とは思いたくないし、尊敬など出来ない。見たくも無い。さっさと消えて。それが正常化の第一歩だ。
久保、遅くは無い。今からすぐに辞退か引退しろ。倣って渡辺・千田・橋本も辞めろ。
posted by 蔵馬 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

将棋の話し

今村記者や読売新聞の論調にあきれていたが、それ以上が身内にいた。片上理事だ。
片上理事の、正月休みます発言は驚きだ。いや、別に休むのはかまわないが、こんな中でSNSで言うだろうか?
まだ、三浦は名誉を回復出来ていない。残念ながらクロを疑う人が残っている。
とりあえずの謝罪と緊急の措置が終わっただけで、まだスタートラインにすら立っていない。
関わった側の公式な謝罪、厳重な処罰、三浦への補償が済んで初めてスタートラインである。
そこから、三浦が納得いかなければ裁判となり、新たなルール作りが出来るが、それは新理事でやることだ。

三浦は社会的に死んでいる。誰が殺したか?理事であり、渡辺であり、橋本であり、久保であり、千田である。
組織である以上、一番の責任は、谷川だ。谷川は間違えてはいけない。守るべきは自分や権力の濫用者では無い。将棋という文化と、それを伝える棋士達だ。
私は谷川に憧れて憧れて、本当に大好きなんだ。これ以上幻滅させないでくれ。
強くて、かっこよくて、皆の模範とまで言われた谷川。
嫌いになりたくないんだ。
posted by 蔵馬 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

一応の第三者委員会

将棋の話題
三浦九段の不正を裏付けるものは無いとのこと。
曖昧な真相である。
問題は、ここからである。どう落とし前をつけるか。
三浦をシロとするなら最低限、渡辺竜王にも処分が必要である。
島は理事を辞めるのも最低限。谷川理事長は落とし前をつけてから辞める。
今後の明確な規定を作る。
読売は竜王戦を発展的解消。それに伴い、竜王3連覇で永世称号を(同門の藤井九段に配慮)。
混乱をもたらしたとして千田五段に訓告。橋本崇載八段は辞職勧告に近いレベルの警告。個人的には渡辺・橋本は降級点フリークラスに。
三浦の不戦(敗)は両者白星に。
順位戦の降級1枠は渡辺(フリークラス)。

三浦がクロならクビ。

処分に至るまでの経緯発表も無い、シロクロも無い、三浦だけが被害者は許されるものでは無い。とにかく真相発表して、経緯発表して、責任取るべき奴と不用意な馬鹿はクビ。
posted by 蔵馬 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

no-title

161220_1312~01.jpg誕生日に一番好きな台を打つ私。
posted by 蔵馬 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

野球(久しぶりの日記)さあ開幕だ

今年は、本当に開幕出来て良かった。
問題に(懲罰対象)すべきは反社会的勢力との繋がりと、八百長になりかねないもの。あとは異常な金額と、特定の人間に対する嵌め(カモ行為)を、失格か謹慎で良いと私は思う。
ジュースやご飯や低レートや場所代持ち決め。ご苦労さんの足代まで禁止するのは、いささかやり過ぎに思う。
私が応援する中日は、【今のところ】エラー罰金しか発覚していない。一部選手やコーチ陣、OBに見た目のアウトレイジはいるが、前々監督・現GM落合さんの徹底した体育会系嫌い、職人気質の個人主義が奇跡的にプラスに働いたんだと思う。
投手陣が敬愛していた岩瀬は練習優先で、それを真似する浅尾が筆頭なのが幸いした模様。大野もおちゃらけるが、野球中は真面目(怪我持ちで同期の早稲田BIG3がドラフトの目玉の中、単独1位指名してくれた恩義。大野は、それまでのタイガースファンを辞めて中日に入団した経緯がある)。
野手陣も荒木は人の良い先輩で、趣味が1人トランプなのが幸いしたんだと。

去年、引退したベテラン陣も悪い噂がほとんど無い(小笠原と和田さんは良い話しが多いくらい)。

結果的に落合さんのやり方は、色々あったが、良かったんだろう。
何にせよ、プロ野球開幕である。
posted by 蔵馬 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

引退試合

朝倉が引退した。エース候補と呼ばれ、怪我をし、復活出来ず引退となった。
1人のファンとして、朝倉は悪くはない選手だった、年によっては優勝の原動力だったが、けど、もうちょっと華のある成績が欲しかったのが本音。けど、有り難う朝倉。

で、昨日はガッツ小笠原。
この人の成績を並べるとおかしい。3割30本を普通にしている。おかしい。
最後、代打専門になっても3割をキープ。
そして最後まで気持ちの良いフルスイングだった。
そして両チーム揃っての胴上げ。巨人時代に慕っていた選手が複雑な顔だったのが印象的だった。特に亀井。
けど、あれをギリギリ追い付かずに最後のヒットにしても絵になったが、小笠原はプロとしてちゃんと捕球してくれて喜んでるみたいだった。

中日では僅か二年間。ほぼ代打専門。
でも、あのスイングを見たらファンになりますわ。有り難う小笠原。来年は二軍監督として、お願いします。
高橋周平、福田、古本、松井雅人など打撃をどうにかしてやって欲しい素材を鍛え上げて下さい。

次は、和田さんの引退なんだよね。そしてセレモニーは無いらしいけど谷繁も。
この二人に関しては覚悟はしてたが引退となると本当に悲しい。
和田さんは、中日ファンの理想・夢の体現者だと思う。
小さな頃からのファンで、入団してチームを優勝させる。それを実現させた。やっぱりカッコいい。
この人も成績を見ると凄い。よく、中日に他球団より低い年俸提示で来てくれたもんだと思う。
来年は解説者予定らしいが、将来の監督候補としてコーチになって欲しい。

さあ、最後は選手としては引退する監督谷繁。
以前も書いたが、島根江の川高校時代から見て来た選手。
思い入れという意味では一番強い選手かもしれない。
プロ入りする前から注目して、あの横浜を優勝させ、中日に黄金期をもたらした。
横浜を優勝させられるか?中日に黄金期をもたらせるか?それを1人の選手の人生で出来るか?
難易度はベリーハードだろう。
本当に大好きです。
来年からは監督として、強い中日を作って下さい。負けず嫌いの谷繁ならやってくれるでしょう。

1つの時代の象徴的な、しかも三人とも名球会入りした選手達が同じ年に同じ球団で、元は別の球団なのに生え抜きの様な扱いで引退することに不思議なものを感じる。
涙が止まらない。
posted by 蔵馬 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

解決はしたっぽい

まず、今回に関しては営業所が悪い。
私の住む地域の営業所の責任者の初動対応から次々と悪い。

まず、最初に受けとる側の私から荷物の不着を連絡されたら(で、説明だが、私は最初に懸賞で当たったこと、懸賞会社から私に送られたのを告げている。)、送り主(懸賞会社)に連絡するのが先で、私に対しては送り主に確認しますとだけで止めるのが正解。

ところが、営業所は私に対して保障はしない出来ない、私に対して送料を返却すると申し出る。
親会社等に聞くと、受けとる私に対して、
・保障出来ないという説明はしてはいけない。送り主に確認する。
保障云々は運送会社と送り主との契約で受けとる側には関係無い。営業所は私も保障しない内容に了承したと言ったが、私には関係無いと親会社の説明。営業所の説明ミス

・送料の返却は送り主にする話しで、受けとる側にする話しでは無いし、そもそも生じていない。一事が万事、営業所の責任者の説明はチグハグ。


懸賞会社は盆休みに入ることは告げてる。盆休み前に連絡出来たのに、営業所の対応ミスで懸賞会社に連絡出来たのは8月17日。
再発送の連絡は懸賞会社からのみ。営業所は懸賞会社が連絡したんだから、うちは関係無いと言い放つ。(義務云々は抜きに連絡するのが通りだと親会社)。

営業所が私に対しての説明は社内用語の乱用で伝わりにくい。(親会社は客に対しては分かりやすい説明を指導している)

営業所と再発送の送付方法を確認して最初と同じ方法の営業所留めとした。
懸賞会社と送る所の営業所の好意で、送付方法をより正解で確実な方法を取ったと懸賞会社から連絡。私が地元営業所に確認すると最初と同じ発送方法で間違い無いと断言。受けとる時も(営業所で対応したのは別の事務員)最初の送付方法だと言いきる。
発送してくれた元の営業所に確認すると発送方法は最初の送付方法では無いと断言。懸賞会社も同じ。

その確認が終了してから、地元営業所の責任者より私に電話。無事届きましたか?と。
そして、私が何か言うことは無いですか?と聞くと無いと言う。これ以上説明することは無いと。
私が本当に無いですか?と念押し。責任者は無いと。
私は、今回の発送方法は私と貴方(地元営業所責任者)と合意に至った発送方法ですか?と聞く。地元営業所責任者は、そうです。私は間違い無いか?と確認。責任者、間違い無いと。
私は、確認した。今回の発送方法は違うということを告げると渋々認める。
そして、私にどんな形であれ荷物が届いたんだから言いだろうと。

ここで、それはおかしいおかしくないの言い合い。
私が、事実として私と貴方で合意に至った発送方法と違うでしょと詰め寄ると、ようやく説明に違いは有りました。とだけは認めた。
発送方法が違うことは知っていたが伝える義務も何もないと最後まで謝罪は無かった。親会社は、はっきりと地元営業所責任者の説明しないのが悪い。届けば良いということは無い。発送方法が変わったことは、私が確認をしている以上説明すべきだと。

荷物は届きました。送る所の営業所と懸賞会社は親切かつ適切な対応をしていただきました。親会社も色々説明していただきました。

運送会社本体に恨みは無いので、名指しで駄目会社とかは言いません。ただ地元営業所責任者は馬鹿です。
私は、この会社は使いません。
本当に疲れたよバカヤロー。
posted by 蔵馬 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

どんなに負けても

中日ドラゴンズが勝てない。何故?という気持ちもおきないくらい。あげく、悔しさが段々無くなってきた。
これは完全にチームが暗黒化し、ファンとして受け入れ出している兆し(もう駄目かもしれない)だ。
落合八年間、愚痴りながら嘆きながら強かった。今は、そんなことあったかなあと、記憶喪失を疑う。
それでも、1つ気付いた事がある。負ける勝てない、あり得ないミスやチャンス潰しを見ながらも、やっぱり私は、中日が好きだ。
改めて、私は中日が好きなんだ。
明日は勝つんだ。CSだって諦めないさ。谷繁監督を信じていくんだ。

けどね、デニーと高柳は辞めて下さい。
posted by 蔵馬 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。